全員参画の経営-三行提報

サトーグループには、社員全員が経営をサポートし、会社を良くするための仕組み「三行提報(さんぎょうていほう)」があります。

三行提報は、全社員が経営トップに直接報告するサトー独自の仕組みです。社員は現場でキャッチしたさまざまな情報やアイデアを三行(127文字)にまとめて毎日提出しています。これにより経営トップはいち早く社内外の環境を把握し、必要な施策を講じることができるのです。

役職や勤続年数に関係なく提案できるこの仕組みは、経営トップの迅速な意思決定に役立つだけでなく、社員が経営者と同じ感覚でものを考える「全員参画の経営」を実現しています。

経営トップ自らが毎日フィードバックを行っています

関連情報

ページの先頭へ